素敵ママの生活玉手箱
Home>暮らしのマナー>おいしい紅茶の入れ方

 
引越の挨拶
結婚式のマナー
お見舞いのマナー
子連れ外食の注意点
おいしい紅茶の入れ方
旅行のマナー
結婚式スピーチの心構え
 
広 告
 おいしい紅茶の入れ方

リーフティー
リーフティとはポットを使って入れる紅茶。

 
おいしい入れ方

水は軟水を使います。
 
ポットとカップにお湯を注ぎ全体を暖めておきます。
 
茶葉は1人分につきティースプーン1杯を入れます。
 
沸騰したてのお湯を人数分注ぎすぐにフタをして蒸らします。お湯は95℃で
水面が波立ち、大小さまざまな泡が立ち上っている状態。ポットはやかんのすぐそばに準備しておきます。
 
蒸らす時間は細かい茶葉は2分半〜3分、大きい茶葉は3〜4分が目安です。
 
茶葉が沈みきったらむらし終了。中が見えないポットの場合は、しっかりと時間を計ります。通常3分くらいです。
 
カップに注ぐ前にスプーンで軽くひとまぜします。下に沈んだうまみを均一にします。
 
濃さが均一になるように回しながら注ぎ入れます。
 
紅茶をおいしくいれるには、一度お湯を完全に沸騰させてしまってはダメなのです。
 

ティーパック
ティーパックとはカップにお湯を注ぐだけの紅茶。

 
おいしい入れ方

ポットとカップにお湯を注ぎ温めまておきます。カップに直接ではなくポットに入れるのが望ましいです。カップでいれる場合はフタをするとポットと同じ効果が得られます。きちんと蒸らす事が大切です。
 
パックの中で茶葉が浮き沈みすること、ティーバッグ自体が浮かび上がりそして沈んだら飲み頃です。
 
バックを入れてから湯を注ぐと、バックがひっくり返ってしまうので、バックを手で揺らしたり、スプーンで搾り出したりすると、余計なエグみが出てしまいますので、お湯を入れてからパックを入れましょう。
  



素敵ママの生活玉手箱