Home>母の日編

 
母の日
父の日
お中元
お歳暮
出産祝い
 
広 告
暮らしの贈り物いろは 母の日編
母の日とは?

母の日のはじまり
 
・母の日の由来は1907年アメリカのアンナ・ジャービスという女性が母の死を偲び、母親が好きであった白いカーネーションを贈ったのがはじまりと言われています。
 
母の日が5月の第2日曜日となったいきさつ
 
・アンナ・ジャービスは母に感謝する日「母の日」を祝日にする事を提唱し訴え続け、1914年アメリカでは母の日は国民の祝日となり5月の第2日曜日に制定されました。
 
母の日のカーネーションについて
 
・母の日にカーネーションを贈るというのはアンナ・ジャービスという女性の母が好きだった花と言われています。以来母の墓前に供える時には白いカーネーション、元気で健在でいらっしゃる場合は赤いカーネーションをプレゼントする事が習慣になっています。
 
母の日に贈るカーネーションの花言葉について
 
カーネーション(赤) ・清らかな慕情 ・純粋な愛 ・情熱
カーネーション(白) ・尊敬 ・清らかな愛
カーネーション(ピンク) ・感謝 ・上品 ・感動 ・熱愛
カーネーション(黄色) ・美 ・嫉妬 ・友情



母の日の贈りもの
 
母の日に毎年プレゼントをしていると今年はどうしようと考えてしまうものです。一概にプレゼントと言っても、個人の趣味もありますし、母親の年齢、環境等で違ってきます。ここでは物ではない「母の日贈り物」ベスト5を紹介したいと思います。
 
母の日贈り物ベスト5
 
手作り お金をかけず手間をかけるという考えです。既製品で手作りできるもの、エプロンやティッシュケースやお菓子、ケーキ、手作りカードなど気持ちが伝わると思います。
 
パーティを開く 母の日パーティと題して簡単なプログラムを作成して、いつもの食事会とは違った感じで家族みんなで楽しむのもgoodです。孫にも手伝ってもらって記念に残るパーティになること間違いなしです。
 
手紙 シンプルですが手紙はいいと思います。このネット時代、親も携帯やPCでメールをしている方もいらっしゃると思いますが、直筆でありがとうの気持ちを伝えてみては。
 
一緒に何かする 大人になると親と一緒に何かするという事が少なくなりますので、些細な事でも喜んでもらえると思います。一緒にプチ旅行、孫とかも交えてケーキ作りなど。
 
食事を作る いつも親に食事の準備をしてもらっているのなら、一度はしてあげたら喜ばれると思います。味は二の次ですので、失敗してまずくても親にとっては心に残る母の日になると思います。
 
 
毎年物を贈ってた母の日をたまにはお金をかけずに手間をかけた母の日にする事によって記念になるんではないでしょうか。
 
母の日に贈っていたプレゼント
 
母の日はお祝いをする日というよりも感謝をする日ですので、基本的にありがとうの気持ちが込められていれば、お金をかけたプレゼントでなくても気持ちは伝わると思います。その気持ちがきっと嬉しいはずです。今母になって改めて実感しています。
 
母の日に普段使う日用品を贈りました
働き始めの頃は母の日にはエプロン、傘、財布、洋服、リュックなど身の回りの物をよくプレゼントしていましたが、やはり本人の趣味もありますし、普段使うのはもったいないと言ってしまったままになっていたので最近は身の回り品は贈っていません。
 
母の日にお花を贈りました
独身の頃はプレゼントと一緒にカーネーションを贈ってました。カーネーションのプレゼントは一輪でも喜んでくれます
 
母の日に手紙を渡してました
学生の頃はお金もなかったのでもっぱら手紙や手作りカード、家の手伝いなどお金をかけないプレゼントが多かったです。でもこれは今思うと一番喜んでくれてたんではないかなと感じます。
 
最近の母の日には
最近の母の日はカーネーションと消耗品の組み合わせが多いです。食べ物(好きな菓子)や日用品なら使いきってしまえる物など、それとメッセージカードを添えてという感じです。その他には自宅で母の日パーティと題して食事会を開いたり物は残りませんが、思い出にはなります。
 
母の日 喜ばれる 贈り物
 

ちょっとお金をかけて母の日にプレゼントを贈りたいと考えている方には下記をご参考までに。
フラワーギフト 母の日の贈り物の定番中の定番のフラワーギフト。もらって嬉しいあげて嬉しい商品だと思います。何をあげていいか迷ったらまずこれでしょうね。
小田急フローリスト
ファッション用品 ファッションに興味にある方にはバッグや財布またはアクセサリー系も喜んでっもらえるのでは。
雑誌やテレビで注目のバッグならサックオンラインショップ
美容用品 美容&癒しに関心の高いお母様には、とても興味のもてる贈りものではないでしょうか。
薬用入浴剤DRアロマバス
グルメ 感謝の気持ちを美味しい商品の贈り物でもきっと喜ばれると思います。
「げん屋の生七味」の贈り物
 




素敵ママの生活玉手箱