Home>お中元編

 
母の日
父の日
お中元
お歳暮
出産祝い
 
 
 
広 告
暮らしの贈り物いろは お中元編
お中元を贈る時期
 
お中元はいつ頃贈るの?
 
お中元は日頃お世話になってる方に感謝の気持ちを込めて品物を贈る季節の挨拶の事をいいます。一般に贈る相手としては両親、親戚、仲人、会社の上司などがあげられます。
 
時期としては6月下旬から7月15日までに贈ります。
 
贈る時期が遅れた場合
 
お中元を贈る時期が遅れた場合は、8月中旬(立秋)までは暑中御見舞、目上の方でししたら暑中御伺、立秋を過ぎたら残暑御見舞、目上の方でしたら残暑御伺として贈ります。


お中元のマナー
 
お中元の贈り方マナー
 
本来、お中元は直接持参してお渡しする形がほとんどでしたが、最近では百貨店、デパートなどで配送してもらう事が多くなってきました。その際はただ品物を送るだけではなく、お手紙などの挨拶状を同封するか、別にお手紙を出すなどして感謝の気持ちをきちんと伝えましょう。
 
最近ではインターネットでの注文が増えていますが、その中でも生鮮食品は人気です。しかし季節的に食べ物はいたみ易い時期なので注意が必要です。事前にお手紙や電話などで送る事を伝えておいたり、長期に自宅を開ける予定がないかの確認しておく事は必要です。
 
喪中の時のお中元
 
基本的にお中元は四十九日が過ぎていれば喪中であっても贈っても大丈夫です。紅白の水引きやのしはを避けて、無地ののしなどで贈ります。
 
四十九日を過ぎてない場合は、時期をずらして「暑中見舞」「暑中御伺」として贈ります。
 
お中元のお返し
 
基本的にお中元のお返しは必要ありませんが、受け取ったら手紙やハガキでお礼状を出します。お礼の電話を入れた場合でも改めてお礼状を出す事をおすすめします。
 
お中元 贈りたい物・避けたいもの
 
お中元贈る金額の目安
 
贈り物の金額は大体3千〜5千が一般的といわれています。目上の方に現金やギフト券を贈るのはタブーとされています。
 
お中元避けたい贈り物
 
特に目上の方に贈る場合は踏みつけると意味する履き物やその他筆記用具、時計、ベルトなどは避けた方が良いでしょう。
 
お中元贈るものを考える
 
贈る相手側の家族構成などを考えて選びます。少人数のご家庭には量が多い物より質が良い物を贈り、子供がいるご家庭なら家族みんなで使える物、食べる物が喜ばれます。
 
それと他の人と重なっても大丈夫なような物を選びましょう。
 


※お中元、お歳暮どちらかだけを贈ろうと考えてる場合はお歳暮の方を優先させます。
 



素敵ママの生活玉手箱