Home>>引越料金の節約

 
引越の計画を立てよう
 
引越し料金の節約
 
引越当日
 
 
 
広 告
 引越料金の節約
 
引越資材の節約
 
引越用のダンボールやガムテープなど無料でない資材関係を自分で集める事によって節約になります。スーパーやドラッグストアなど。
 
引越業者さんでも有料にはなりますが、中古のダンボールケースがあるのでそちらで購入する方法もあります。新品よりは安いし、もともと引越用のダンボールなので頑丈にできています。
 
引越 人件費の節約
 
引越にかかる人件費は意外と出費が大きいです。もしお手伝いしてくれる方がいる場合にはお願いしてみましょう。引越業者さんに頼むよりは安く上げられるはずです。
 
ただ素人さんばかりだと作業の運びに手間取ったり、時間が思った以上にかかる事もありますのでそういう事を気にならなければ、引越業者の方と相談しながら知人に頼んでみましょう。
 
エアコンやテレビ等の家電製品の取付け、取外し・車やピアノの陸送・お部屋のお掃除などの付帯サービスを引越業者に頼むか考えておきましょう。
 
付帯サービスの節約
 
エアコン取付、取り外しやテレビ・ビデオ調整なども頼むとお金がかかります。自分でできればそれにこした事はないですが、そうでない場合、もし知り合いに電気屋さんがいれば安くでしてもらえるか相談してみましょう。
 
 
長距離の引越の場合
 
引越料金は距離が遠くなればなるほど料金は高くなります。長距離の場合に使えるのが混載便の使用です。貸切とは違って一般の路線の荷物と一緒に載せて送る事によって引越料金を節約できます。
 
ただ荷物の量によって使用できたりできなかったり、貸切に比べて混載便は何ヶ所でも荷卸しするので、荷物紛失の心配がでてきます。
 
引越日で節約
 
決まった転勤とかでなければ、できれば転勤シーズンの3、4月の引越は避けたいですね。料金も通常の時期と比べて割高になる引越業者さんもあります。逆にシーズンが過ぎた5月中旬〜6月あたりは安くなる傾向もあります。
 
これも業者さんによって違いますが、引越日を土日祝日などを避けて平日にする事によって、あいている確立も高いし、安くなる可能性もあります。
 

上記に説明してきた引越料金の節約方法ですが、各節約術のメリット、デメリットを考えた上で行動した方がいいです。引越業者さんはその道のプロですから、スムーズな作業運び、荷物事故の有無、時間短縮などを考えた場合、目先の引越料金ばかりにとらわれないようにしましょう。
 





素敵ママの生活玉手箱