素敵ママの生活玉手箱
Home>出産祝い基礎知識>出産内祝い

 
出産祝いの選び方
喜ばれる出産祝い
出産祝いのマナー
出産祝いの相場
出産祝い贈る時期
様々なケースの出産祝い
出産内祝い
 
 
広 告
 出産内祝い
 
 
内祝いとは
 
内祝いとは本来は内輪でするお祝いの意味ですが、現在では出産祝いをいただいた人へのお返しとして贈るのが一般的となっています。出産祝いをしていただいた側が赤ちゃん誕生に際してお世話になった方などに対してのお礼の意味でもあります。表書きは「内祝」として、赤ちゃんの名前で贈ります。
 
 
内祝いの予算
 
内祝いは頂いた金額の3分の1〜半返しが一般的です。ただベビー服やおもちゃなど金額がわからない物を頂く事もありますので、その際は家族構成や年齢などを考慮して相手に気持ちが伝わるような物を選んで、手紙を添えるなどする事でお礼の気持ちが伝わると思います。
 
 内祝いを贈る品物&時期
 
内祝いに送る品物は事前にチェックしておくことで、贈れ忘れたという事にならない用に余裕を持った準備ができますので、出産後に慌てずスムーズな段取りを心かげておきましょう。非常に多いと思われる内祝いの贈り物としては何枚あっても重宝するタオルやバスタオル後はお菓子、コーヒーなどのセットが無難かと思われます。
 
年代が離れていたり、好みがわからないなどの場合はカタログギフトを贈るケースもありますので年齢、家族構成や関係性で選んでいいかと思います。内祝いの品を贈る時期は出産後お祝いを頂いてから1ヶ月後というのが目安で、お宮参りの前後遅くとも生後2ヶ月以内に子どもの名前で贈ります。
 
 内祝い贈り先が喪中の場合
 
出産祝いのお返しなので内祝いを贈っても大丈夫です。ただ贈る場合は、四十九日を過ぎてからにしましょう。
 
 大勢の方からまとめて頂いた場合の内祝い
 
職場などでまとめてお祝いを頂いた場合は、ささやかな物を一人ずつにお渡しする方法もあありますが、皆さんでどうぞという形でみんなで食べてもらえるようなお菓子などがおすすめです。
 
 内祝い両親へのお返し
 
両親(祖父母)の場合は可愛い孫の為とお祝いを沢山頂くことも想定されます。金額の半返しという事にこだわることよりも感謝の気持ちを込めて、金額は安くても記念になるメモリアルギフトや普段の生活の中でのお返しでも喜ばれると思います。
 
 内祝いの品物
 
内祝いの品物としては家庭にいくつあっても邪魔にならず、日持ちがいい品物を選ぶ事が大事です。
タオル、洗濯洗剤、食器関係などの消耗品や実用品の他、お菓子、飲料水セットなどが人気です。
最近では送り先の方に選んでもらうカタログギフトもおすすめです。
  
 内祝いで注意しておきたいこと
 
内祝いで贈る品物として生まれた赤ちゃんの写真入りの品物を贈る際は、贈る相手側の事も考え注意が必要になってきます。例えば赤ちゃんに恵まれない、現在不妊治療中だったりと辛い経験をされてるご家庭でしたらあまり良い気持ちはしないと思います。内祝いは相手に対しての感謝の気持ちとこれからよろしくお願いしますという気持ちを伝えるという意味でもありますので、気持ちが伝わる品物選びが必要です。
 

 

素敵ママの生活玉手箱