素敵ママの生活玉手箱
Home>出産祝い基礎知識>出産祝いの相場

 
出産祝いの選び方
喜ばれる出産祝い
出産祝いのマナー
出産祝いの相場
出産祝い贈る時期
様々なケースの出産祝い
出産内祝い
 
 
広 告
 出産祝いの相場
 
 出産祝いの相場・目安
 

出産祝いにお金を包む場合、頭を悩ますのが金額の相場だと思います。絶対という金額は勿論ありませんが、いち社会人として常識の範囲内でのお祝いをしてあげたいと思うものです。その為には一般的な金額は知っておきたいですね。
 
出産祝い金の相場は、贈る相手とのお付き合いの度合い、年齢や関係性によって金額の相場は変わってきます。祖父母・ 兄弟・姉妹他親戚関係、友人や職場関係で金額も変わってきますが、贈られた相手が負担に感じない程度の立場的相場も考える事が必要です。友人への出産祝いの際、共通の友人もお祝いをされるようでしたら相談して金額を合わせて贈るなども必要かと思います。5千円〜1万円位の金額が一般的な相場です。
 
(例:一般的に失礼と思われない金額の目安 30代以上)
 
・兄弟・姉妹・・・ 1万円以上
・親戚・いとこ・・・5千円以上
・友人・知人・・・ 5千円〜1万円(年齢・関係性によって)
・職場関係・・・  5千円〜1万円(立場・関係性によって)
 
 
出産祝いの祝儀袋の書き方
 

祝儀袋は
出産祝いは何度繰り返してもよいので、祝儀袋は紅白の蝶結びの水引を使用します。(引っ張ると何度も結び直せるということから)
 
表書き
ご出産祝いの表書きは「御出産御祝」・「御安産御祝」・「御祝」・「祝御出産」などです。
 
名前
名前はフルネームで書きます。夫婦での場合は中央にご主人の名前をフルネームで書いてその左側に奥さまの名前だけを書きます。連名で贈る時は中央に目上の方の名前を書いて以下左側に並べて書いていきます。
 
中袋
中袋の表の中央に金額を縦に書き、裏側の左側に住所を書きます。市販されているものをご使用の場合はそれに従って書きましょう。
 
 
※お祝いに使うお札は、折れ曲がったお札は避け必ず新札を使用しましょう。
※お祝い事なので「4」や「9」の数字は不幸をイメージさせてタブーとされていますので使わないように注意か必要です。
※上包みは下側を上側にかぶせます。

 
 


素敵ママの生活玉手箱