素敵ママの生活玉手箱
Home>節約編(我が家の節約実践編)

 
節約生活の考え方
 
公共料金節約
 
保険・車その他の節約
 
食費節約編
 
節約失敗談
 
わが家の節約実践編
 
 
広 告
 我が家の節約実践編ー
 
医療費控除の申告
 
1年間(1月〜12月)に支払った医療費が10万円または年間所得の5%を超えた場合、確定申告で医療費控除をすれば税金が還付されます。
申告は過去5年間をさかのぼって1年中いつでもできます。
保険金などで補填された金額は医療費の合計から差し引いて申告します。

 
医療費として認められるもの
・病院に支払った診療代、治療費、入院費
・病気やケガの薬代(市販薬でも可です)
・治療の為のマッサージ
・歯の治療費(保険診療外でも可)
・入院中、付添人に支払った交通費、食事代
・妊娠中の定期検診の費用とその交通費
・分娩・出産に伴う費用
・通院の為の交通費
 
医療費として認められないもの
・健康診断・人間ドック・予防注射
・予防の為の健康食品・サプリメント
・健康維持の為のマッサージ
・美容の為の歯の矯正
・入院の際自ら希望して入った個室料金・差額ベット代
・自家用車のガソリン代・駐車場代
 
用意するもの
・確定申告書
・医療費控除の内訳書
・源泉徴収票(原本)
・印鑑
・病院・薬局の領収書・交通費のメモ
 
我が家もここ4年程確定申告で医療費控除をしています。初めての時は全てまとめてしてしまった為、すごく手間がかかって大変でしたので、次の年からは、普段から医療費の領収書は専用の封筒に入れ月ごと病院ごとに合計を出して、、交通費はそのつどノートに記帳していきこれも月の合計を計算して、申告時期にバタバタしなくてすむようにしていました。
 
私の場合そんなびっくりするような大金が還ってくることはないですが、手間をかけるだけでお金が戻ってくるなら、いくらでも手間かけますというのが私の考え方です。
 
子供服はリサイクル品を
 
昔は大家族の家がほとんどで、子ども服もお下がりが当たり前の時代だったと思います。しかし今現在は少子化で子どもの数も減り、多くて一家族に子ども1〜2人というのが現実です。
 
子どもの数が少ない事もあってか、1人の子どもにかけるお金の額が増えてきていると思います。私も親ですので親心として、子どもには可愛い洋服を着せたいし、かっこいい洋服も着せたいと思う気持ちはわかってるつもりです。
 
でもよく考えると、赤ちゃん〜子ども時代は成長が早いので前年着ていた服は翌年にはサイズアウトになってしまいます。これでは新品ばかり買っていては、お財布事情も苦しくなってくるのは当然です。
 
私は子ども服はネットオークションやフリーマケットなどを利用しています。
多分利用されているお母様方も少なくないと思います。
この時期は汚したりする事が多いので、枚数が必要だと思ってます。
 
我が家は娘ですので、そのうちお洋服も自分で選ぶようになる時がそう遅くなくくると思いますので、それまではいやその後も活用したいと思っています。
 

エアコンの使い方
 
夏になるとエアコンは大活躍です。と同時に電気代も通常の時期と比べると格段にはねあがります。しかし毎年暑さが厳しくなる中、ましては小さい子どもがいると今エアコンは必要不可欠なものです。
 
極端に節約というと使わないことしかありませんので、我が家では電気代とガス代を合わせて考えるようにしています。
 
夏はどうしてもエアコンがあるので電気代が高くなります。ですがお風呂なども温度設定が低く、湯沸し器や給湯のお湯を使用する事も少ないのでガス代は少なくてすみます。
 
冬はこたつやファンヒーター等があるものの夏のようには電気代は高くなりません。逆にガス代は跳ね上がります。それと灯油代もバカになりません。こういった事も考えながら、無理がでない位の節約を心がけてます。
 
・設定温度は除湿で27〜28℃にしています。
・エアコン開始時期を少しでも遅らせます。
・日中はなるべく家にいる時間を短くします。
・扇風機との併用。
・1つのエアコンで何部屋も冷やさない。
・夜はなるべく早く寝るようにします。
・フィルターをこまめに掃除する。 
 

台所用品の節約
 
台所用品などの消耗品は必ずなくなるものです。またなくてはならない物でもありますので、少しでも長持ちしてくれれば助かります。
 
・台所用洗剤は最初から薄めてつかいます。
・台所用洗剤を洗いおけに溶かして使う手もあります。
・排水ネットはパンストで作ります。
・サランラップ節約の為密閉容器を使う。
・ボロ布や新聞紙を油取りに使う。

 
車を控え自転車・歩きを
 
一度車を持つ生活を味わってしまうと、歩く機会が減ってしまいます。私もその1人ですが、ここ最近は
ガソリン代も高くなり遠出のドライブなどもままなりません。この機会に近所への買い物は歩いて行ったり、または自転車を使っています。
 
休みの時もドライブはなるべく避け、近所の公園やちょっと歩いた所の施設などを利用しています。子どもがいるとつい車で移動したくなりますが、天気がいい日などはお散歩がてら親の私も運動不足解消に大変いい運動になります。
 




素敵ママの生活玉手箱