Home>無職でのお部屋探し

 
お部屋を借りる前に
 
お部屋探し
 
無職でのお部屋探し
 
 
広 告
 無職でのお部屋探し
 
働いている場合のお部屋探しは、家賃や物件情報などが気になるものですが、例えば無職でお部屋を借りなければならない状況になった時、現実はとても厳しいです。しっかりした保証人が必要になってきます。
 

地域密着型の不動産会社を探す
 
不動産会社からしてみれば無職やフリーターとなるとやはり敬遠される事は避けられないと思います。大手の場合は門前払いの覚悟も必要です。
 
狙い目としては地元密着型で親身になってくれる不動産会社を探す事からはじめましょう。不動産会社の協力は必要不可欠です。時間はかかるかもしれませんがたくさんの不動産会社を回ることが重要です。
 
無職の場合色々な条件を並べても大半審査は通りません。まず理想とする所に住める事は厳しいと思っていた方がいいと思います。それより審査に通りそうな物件を探していくことになりますので、不動産会社には印象を悪くもたれないように注意したいですね。
 
連帯保証人の重要性
 
特に無職となると重要になってくるのが連帯保証人です。ただ晩婚化が進み、両親が定年退職していて年金生活の暮らしという家庭も少なくありません。そうした場合は現役で働いている人をたてた場合より不利になる事があります。私の経験からいくともう一人保証人をたてて審査してもらうことになります。
 
ですから自分が無職で親が年金生活の場合は2人の保証人が必要でした。後は運に任せるしかありません。保証人というのは頼みごとの中で一番頼みにくいことです。一人っ子で兄弟がいない場合はその他の親戚に頼むことになりますので日頃からお願いできる体制をつくっておきたいですね。
 
未成年・学生の場合
未成年でも学生でも部屋を借りることはできます。しかし通常未成年が部屋を借りる場合には、契約者を親にして保証人を別にたてることになります。
 



素敵ママの生活玉手箱